雨の街角

| ニタモノドウシ | PROFILE | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
第一章 嫌悪 〜分かり合えるからこそ〜

由香の家は、お兄ちゃんが言うように周りは田んぼや畑だらけの田舎で、帰り道はかなり暗い。消えそうな電灯がまばらに見える程度で、人に出会うこともほとんどない。
そんな暗い道を二人で歩いていたら、遅咲きの桜だろうか、生暖かい風に吹かれて花びらがヒラヒラと舞っているのが見えた。
「まだ、桜、咲いてるんだ…」
由香の言葉に、お兄ちゃんが言った。
「来年の春は満開の桜でも見に行くか、弁当持って」
「うん、いいね」
いつもならそんな言葉に、相づちを打つような由香ではなかったのに、その日は素直にうなずいた。

「知ってる?うちのサークルの男ども、ほとんどがおまえ狙いらしいぞ。そういえばおまえ、テレビのオーディションで最終まで残ったんだって?それを聞いた野郎たち、のんちゃんに土下座するようにおまえを引っ張って来いって頼んでたぞ」
「え?のんちゃんそんな話したの?私、あの番組が好きで高校の時から毎週見てて、ダメ元で応募したら最終まで残ったんだよね。そこで落ちちゃったから番組には出られなかったけど。オーディション風景でほんのちょっとだけ出たんだよ」
「そうなの?俺もよく見てるよ。じゃ、オーディションに受かってたらサークルにも入ってなかったってことだよね?」
「うん、忙しくて無理だっただろうね。あ、そうそう女の子たちは、ほとんどがお兄ちゃん目当てなんだって」
「どうでもいいよな、そんなこと」
「ホントだね」
本当にどうでもいいことだった。
きっと彼の方も、由香と同じように、サークルに恋人を求めていた訳ではなかったのだろう。

「そうだ、言い忘れてたけど、俺の妹の名前、おまえと同じユカなんだよ。うちの妹の字はユカのカの字がにんべんに土二つの佳だけどね」
お兄ちゃんが言った。
「じゃもし私がお兄ちゃんと結婚したら、お兄ちゃんの妹さんと私は同姓同名になるんだ?」
「本当だね。それで、妹と同じ名前のおまえが気になって、初回のサークルの時から機会を狙って、その話しをしようと思っていたのに、ずっと機嫌悪くて。それも他の奴らとは楽しそうに話してるのに、俺が声をかけたら、途端に機嫌が悪くなるから。俺、何で嫌われてるんだろうって悩んでたんだ」
お兄ちゃんは首をすくめ、笑いながら言った。
「ごめんね。だって、お兄ちゃんふざけてばかりでどんな人なのか分からなかったから。私と一緒で、ピエロは演技なのか、それとも、それとも…って考えていたら、なかなか話せなかった。それに、もしお兄ちゃんが私と同じ考えをもった人なら、お互い近寄らない方がいいかもしれないって思ったし」
「なんで?似ているからこそ、分かり合えていいんじゃないの?」
「分かり合えても、駄目なこともあるよ。お互いが分かりすぎて、余計傷つくことってあると思う」
「う〜ん、俺には難しすぎて理解不能だな」
お兄ちゃんは苦笑いだった。

分かり合えるからこそ、ついてしまう傷。
由香はそのとき、何気なくそう言ったけど、そのときはまだ本当にそうなるとは、夢にも思っていなかった。
そして、似たもの同士でつけた傷は、どうしたって消えないということも…




続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.05.12 Friday | ニタモノドウシ | comments(4) | - |
GWのできごと 2
1.jpg
私の連休としては最後の日、5月5日、気持ちが晴れ晴れとするようなとってもいい天気でした。
前にもお話しましたが、私は雨が好きでだから雨が降りそうな曇り空も嫌いじゃなかったのですが、体調が悪くなってからはどうも曇りの日は駄目になりました。
最近はこんな快晴の空を見たら心も少し明るくなるのです。
続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.05.11 Thursday | 日々 | comments(6) | - |
GWのできごと 1
1.jpg
GWも終わり日常が戻ってきましたね。
私は非日常なできごとが苦手なので、普通に仕事をしている時間の方が安心します(笑)
GWはというと、半分近くは仕事だったので遠出することもなく近場に少し出る程度でしたが、いくつかのできごとはあったのでご紹介しますね。GWのできごとの写真はすべてiPhoneで撮ったものです。

まず4月29日、午前中は仕事だったので昼からは京都駅付近に出かけました。
少し前に京都タワーが改装を終了したということを聞いていたのでちょっとのぞいてみました。すると、地下のレストラン街がえらいことになってました。えらく洒落たフードコートに大変身してました。でも前の小汚い地下が好きだったなぁ(笑)
京都タワーは昔、2階にお土産屋さんと古くさいおもちゃ屋さんがありました。私はあの古くさいおもちゃ屋さんが大好きでした。小学生の頃の低学年の頃だったと思いますが、父方の祖父が田舎から出てきた時、そのお店でりかちゃんハウスを買ってもらったことをよく覚えています。
続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.05.09 Tuesday | 日々 | comments(6) | - |
第一章 嫌悪 〜本当の姿〜

二人は居酒屋の近くからバスに乗り、電車の駅までたどり着いた。
しかし、バスに乗った後も、駅で電車を待っている時も、彼はほとんど口を開かなかった。
「お兄ちゃん、どうしたの?気分でも悪いの?」
気味が悪くなって由香は聞いた。
「いや、そんなことないよ。どうして?」
「だって、あれだけ大騒ぎしていたのに、今はこんなに静かだし」
「あぁ、居酒屋でのことね。あれは表面上の俺。今が本当の姿かな。AB型だから二重人格なのかもね」
と言って笑った後、少し真面目な顔をして語り始めた。
「俺、本当はあぁいった騒ぎは苦手なんだ。けど、人に本当の自分っていうのかな、そういうのを見られるのが怖くて、いつも笑ってる、多分。中学の頃、おやじを病気で亡くしたんだけど、父親がいないことで、周りから変な同情受けたりして。でも辛い時に辛いだろうって思われるのが、何だか癪でね。だから、自分を見破られないようにするために、いつも馬鹿やってるんだよ。癖みたいなものかな」

『まるで私?』
由香は親を亡くした訳ではなかったが、何度となく人に裏切られ、どん底を味わってから、老若男女問わず、人を信用出来なくなっていた。
だから自分の真意を隠して笑顔を作り、賑やかに騒ぐことで、周りに心中を察知されないようにしていた。
彼も同じなの?
由香は自分と同じような考えを持った人に、初めて出会った気がした。
本当は初めてではなかったのかもしれないが、心中を隠してきた彼女に、そういう話をしてくれた人なんていなかった。まして自分をさらけ出してみよう、と思える人もいなかった。

そんな会話をしているうちに電車が来たので、二人はそれに乗り込んだ。乗客はまばらだった。座席はほぼ空席だったのに、二人とも座らず入り口付近に立っていた。
ドアが閉まり電車が走り出した時、由香は口を開いた。
「さっきの話なんだけど。そんな話、私にしていいの?出会って間もない、知り合いに毛が生えた程度の私に、腹の中、見せるような話して」
お兄ちゃんは少し考えてから答えた。
「何でだろう?あいつらが言ったように、おまえが俺に似てるからじゃない?おまえだったら、俺の心中、理解してくれるような気がしたんだよ。きっと」
「買いかぶりすぎだよ」
と由香は答えたが、その言葉を聞いて、彼は少し微笑んだだけだった。その後はずっとドア越しに流れる、夜の風景を見ていた。

そのうち電車は由香の降りる駅に到着した。
「私、1人で帰れるから大丈夫だよ。お兄ちゃんはこのまま電車に乗って帰って」
彼の家は、そこからまだ2駅先であることを知っていたので、そう促した。
しかし、彼は聞かなかった。
「いいよ、俺が送るって言ったんだから。おまえんちド田舎だろ?ここから歩いて何分あるんだよ」
お兄ちゃんはニヤニヤ笑いながら言った。
「ド田舎って失礼な。お兄ちゃんちなんてそのド田舎よりまだ奥じゃない」
由香はふくれながら言った。
「奥って言ったって俺んちは、こんなド田舎じゃないよ」
お兄ちゃんは駅の周りを見渡しながら言った。
静かだった由香たちは、いつの間にか居酒屋での二人に戻りつつあった。
ホームでそんな会話をしているうちに、電車は行ってしまった。
二人は改札を通って外に出た。




続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.05.07 Sunday | ニタモノドウシ | comments(2) | - |
2017年春 西陣の町並みと桜 5
1.jpg
住んでいたところの前の歩道です。ここでよくたこ揚げやってました(笑)
以前はこんな綺麗な道じゃなかったけど。
続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.05.05 Friday | 京都・神戸 | comments(4) | - |
<< | 2/128 | >>