雨の街角

| ニタモノドウシ | PROFILE | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
第一章 嫌悪 〜ムカつく男〜

約束の土曜日がやってきた。初めてのサークルはボウリングだった。
ゲームの前に通っている学校や学部などそれぞれ自己紹介をし、その後勝負が始まった。チーム対抗で、最下位チームが1位チームのゲーム代金と、あとで行く喫茶店代を払うということだった。
由香は真剣に投げていたが、他の人はしょせんお遊びとばかりに、ふざけてばかりいた。特に女の子はガーターをとることが宿命のように、溝掃除をしては「やだぁ」と甘えた声を出しては「大丈夫、大丈夫」と男性たちに慰められていた。
ムッとした顔の由香を、のんちゃんが隣のレーンで見て、苦笑いしていた。
しかし、甘えた声で身体をくねらす女の子たちよりムカついたのが、隣のレーンで投げている男だった。
「遊びなんだからさ〜そんなに必死になるなよぉ」
と言ってふざけながら、自分は散々ストライクを出し、由香のいるチームと最後まで1位を争っていた。

結局、ゲームは由香のチームが2位、そのムカつく男がいるチームが1位で終了した。
「さぁ、人のおごりで旨い茶を飲もう〜」
と言いながら、靴を履き替えるその男を、由香は睨むように見ていた。
「ねぇ、ねぇ、由香ちゃんも彼のこと気に入ったの?」
同じチームだった恵ちゃんが、男を指さし、由香の耳元で言った。
「まさか、私がもっとも嫌いとするタイプなの。あんなふざけることしか知らないようなお調子者の男」
と反論したけど、恵ちゃんは由香の話など、耳に入らなかったかのように言った。
「でもね、このサークルの女の子は、ほとんど彼目当てみたい。特に、ほら、あの子、もうべったりでしょ?」
彼女があの子と指さした女は、その男に
「新井さん、惚れちゃったわ〜」
と言いながら、腕にぶら下がるようにじゃれついていた。
あんな女まだいたんだ…と思いながら、由香が見ているところに、のんちゃんがやってきた。
「何見てるの?あ、新井さんにぶら下がってる女ね。彼女、私と同じ大学で国文の子。でもねぇ、話合わないんだ、私とは。多分、由香ともね」
のんちゃんは、そう言って苦笑しながら続けた。
「彼女の家、画廊やっていて、お金持ちらしいよ。ほら、鈴木画廊ってあるじゃない?そこのお嬢様。あの子は気にしなくていいよ」
その画廊なら知っていた。由香が通っていた高校のすぐそばにある画廊だ。
「まだあんな女いるんだなと思って呆れて見てただけだから」
由香ものんちゃん同様、苦笑しながら答えた。
「それじゃ、正式にサークルに入る?入っていいってことよね?」
「え、いや、そういうことじゃなくて…」
と、由香がまごついているあいだに、のんちゃんは一人の男の人に駆け寄った。
「伊藤さん、由香ね、サークルに正式に入るって」
伊藤さんと呼ばれた男性は由香に向かって「よろしくね」と手を振っていた。
由香の方も、今更嫌だとも言えず、会釈した。

しかし、あの嫌な男、新井さんとその腕にぶら下がる女、鈴木さんは、そんなやりとりに見向きもせず、ずっといちゃいちゃしていた。



続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.04.15 Saturday | ニタモノドウシ | comments(4) | - |
4月2日 東寺と京都駅 フィルムPENモノクロ 1
1.jpg
数回前に「東寺の桜」ってタイトルでiPhoneで撮ったカラー写真を出しましたが、そのとき持って行ったフィルムPENの写真が仕上がったので出してみますね。
先日も言っていたように、古いカメラなので、シャッターの閉まりが悪くなり、開いたままの状態、もしくは閉まるのがとても遅くなってしまい、真っ白けに写るのでF22とかF16とかで撮ってみました。
シャッタースピードは相当早く閉まる設定にしないとほぼB(バルブ)状態になってしまうから。
なので、ちょっと暗いものも多いですが、外で撮ってる写真はそれでもまだ白いものも…
続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.04.13 Thursday | 京都・神戸 | comments(4) | - |
第一章 嫌悪 〜のんちゃんからの電話〜

「もしもし?由香?久しぶり。私、典子」
典子、通称のんちゃん。
彼女は由香の小学校の時の友達で、かなりの才女だ。全国的にも有名な某四大に、上位の成績で入学した。
中学に上がる時、由香は引越したのだが、未だつきあいは続いていて、それはもう10年以上になる。

「本当に久しぶりだね。のんちゃんのところも今日入学式だったの?」
「うん、そうだよ。由香ったら、高校も女子校だったのに、大学まで女子大に行かなくても」
「女の園も、馴れたらそれなりに面白いこともあるよ」
「そう?私には考えられないな。まぁ、それはいいんだけど。由香、前にサークルなんて興味ないって言ってたよね?」
「うん、ないよ」
「良かったぁ。じゃ、どこのサークルにも入ってないってことだよね」
「もちろん。けど、まさかのんちゃんまでサークルの勧誘じゃないよね?」
由香は、眉間に皺を寄せながら聞いた。
「あ、分かった?」
「入らないよ、私、絶対」
「大学の先輩が作ったサークルで、男はみんなうちの大学の人なんだけど、女の子はいろんな大学から集まって来るの。一度だけでいいから来て。それでもし由香が嫌だったら、それきりでもいいから。作ったばかりで人数が少ないんだ。お願い!」
のんちゃんは、由香の言葉など、全く意に介さず話し続けた。
「私、本当にサークルには興味ないの。決まった何かをするっていうのも苦手だし。それにサークルなんて入る暇があったらバイトしてお金儲けしたいの」
「大丈夫、うちは決まったことをするわけじゃなくて、今日はボーリング、今度は飲み会って感じで毎回違うことをする、非常に適当なサークルなの。先輩たちもみんなバイトしてるし、バイトしながらでも平気だから」
「私はいいよ。悪いけど、誰か他を当たって」

そんな押し問答はしばらく続き、由香はその後もかなり抵抗した。しかし、結局のんちゃんに押し切られ、次の土曜日のサークルに顔を出すことになってしまった。
「じゃ、楽しみにしてるね」
のんちゃんは、嬉しそうに電話を切った。
彼女の弾んだ声とは裏腹に、由香の心にはどんよりとした重い空気が流れていた。



続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.04.12 Wednesday | ニタモノドウシ | comments(8) | - |
本日の食事は
1.jpg
今日は朝から仕事だった。今日仕事なのは分かっていたことだったので、本当なら昨日休みを取って桜見物に行くつもりだったのに結局昨日も休めず、もちろん今日も休めず、今年の桜見物はちょっと厳しくなってしまった。
こうなったら仕事中にどこかに車を駐めて一カ所だけでも桜見物をしに行きたい!!と思っている(笑)

さて、今日は前述したように仕事だったのだけど、午前中で終わったので昼ご飯は同僚たちとヨドバシカメラの上にある中華料理の店に行った。私がその店で一番好きなのがこのサラダとレタスとベーコンのチャーハンのセットだ。この店に来ると2回に1回はこれを頼むかな。
続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.04.10 Monday | 日々 | comments(10) | - |
第一章 嫌悪 〜サークル〜

「由香、由香、ね、もう決めた?」
そう言って、後ろから抱きついて声を掛けてきたのは、智美だった。
智美は高校の時からの同級生で、同じクラスになったことはなかったが、何となく気が合い登下校を共にする友人だった。
智美の後ろには、同じく高校の時の友人が、数人連なっていた。
「何よ、いきなり。びっくりするじゃない。決めたって、選択教科のこと?まだ決めてないよ。内容もよく分からなかったし」
由香は、しかめっ面をしながら答えた。
「選択教科?何言ってるの。私が聞いてるのはサークルのこと、サークル」
智美はサークルの部分だけ、やけに強調しながら、興奮気味に言った。
「サークル?」
「そう、サークルよ!どこに入るの?私はねぇ…」
「サークルなんて入る気ないよ。そんな、飢えた女が、ギラギラした目で男探しするようなところ」
由香は智美の言葉を遮りながら答えた。
「また始まった、由香の男嫌い。そんなこと言わないで、一緒に入ろうよ。テニスサークルなんだけど。コート、うちの学校からすぐのところだし」
智美は、由香の冷たい言葉にもめげずに言った。
「だ、か、ら、私は入る気ないって」
由香は、心底嫌そうに答えた。

私立の高校を卒業し、エスカレーター式の女子短大に入学した彼女たちは、今日が入学式だった。
式のあと、講堂に残された新入生たちは、必須教科や選択教科、単位や優良可などという話を頭に詰め込まれ、帰路に着くところだった。
みんな、期待と夢で高揚した様子だった。
しかしその高揚は、決して数日後から始まる講義に対するものではなく、サークルに向けられたものだった。智美に限らず、選択教科について関心を持っている友人など、誰一人としていなかった。

彼女たちが通う短大には、少し離れたところに姉妹校のような共学の四大があり、そこの学生が主催するサークルに入る子が多かった。
智美の後ろに連なった友人たちも、それぞれ違うサークルではあるが、その四大のサークルに入るのだと、口々に話していた。

「じゃあね」
由香は智美たちに手を挙げて門を出た。
智美はまだサークルの話をしたそうだったが、そんな目線を無視して、由香はその場から立ち去った。

「サークルねぇ…」
智美を初めとして、友人たちの高揚した様子が浮かんだ。
由香にはサークルなんていうものの大事さや楽しさが、さっぱり分からなかった。
そこまでして男探し、女探しがしたいのだろうか?恋人が欲しいのだろうか?異性と接点が欲しいのだろうか?
心の中で自問したが、答えは出なかった。


続きを読む >>


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.04.07 Friday | ニタモノドウシ | comments(4) | - |
<< | 2/125 | >>