雨の街角

| PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.12.12 Tuesday |
第七章 転機 〜コンビニのバイト〜

「そうだ、俺、先月からバイト始めたんだよ」
克己はさりげなく話題を変えた。
「何のバイト?」
「ほら俺の家の近くに新しくコンビニが出来たって言ってただろ?そこ」
『コンビニ、お兄ちゃんと一緒か』由香の心のつぶやきに気づくこともなく、克己は続けた。
「うちの店、今週で一人辞めるから欠員が出るんだ。新しいバイトを募集してるんだけど、由香一緒にやらない?」
「私はパーコンのバイトがあるから無理だよ」
「あれって夜に2,3時間だけだろう?掛け持ちで出来るんじゃない?」
「考えておくよ」
「いや、考える時間はないんだ。実は、今日の夕方、友達を連れて行くって店長に約束しちゃったから」
「そんなこと、知らないよ。私は行くなんて言ってないでしょう?勝手なことしないで」
由香は怒ったけど、面接に行ってくれないと面目が立たない、と泣きつく克己に押し切られ、バイトの面接を受けに行くことになってしまった。

「なんだ、いい子がいるって彼女だったの?」
面接を受けに店に入った途端、レジにいた店長らしき人にそう言われた。
「彼女じゃないっすよ。俺もこいつも別に相手いますから」
克己は頭をかきながら言った。
「じゃ、こっちに来て。履歴書は持ってきてくれた?」
「はい」
由香は克己の車の中で書いた履歴書を渡しながら返事をした。
「それじゃ克己君、面接してるあいだ、レジ頼むね」
「は〜い」
克己はのんきな返事をしながら、制服に着替えてレジに向かった。

コンビニで働くことは傷を癒すか、広げるだけなのか、由香にはそのときまだよく分からなかった。
傷…傷なんてものになっているのかさえ、分からなかった。
でも、コンビニで働くことで、お兄ちゃんを知りたかったのかもしれない。同じ仕事をすることで、彼がどんな生活をしているのか、また何を考えているのか、分かるかもしれないと思った。
面接中、考えるのは、お兄ちゃんのことだけだった。

「君、変わってるね。面接に来る子は、時給がいくらなのか、とか、休みはいつとか、そんなことばかり聞くのに、君からの質問は、仕事の詳細だけなんて」
店長はそう言って笑った。
簡単な面接で由香は即採用となった。

翌日の夕方から由香はコンビニのバイトに入った。
コンビニにはデイ勤(日勤)とナイト(夜勤)があって、由香が入る時間は16時か17時から21時頃までという、一番忙しい時間帯の夕勤だった。克己はナイトだったので夕勤から夜勤への引き継ぎの時、顔を合わせた。
目新しさもあったが、覚える仕事一つ一つが楽しかった。
そして、元々初対面の人とでも気兼ねなく話せる由香が、他のバイト、客、業者の人と仲良くなるのに時間はかからなかった。
そのうち、毎日のようにコンビニのバイトを入れるようになり、土日は朝から晩までコンビニにいるようになった。平日のコンパニオンの仕事はどうしても人が足らないからと頼み込まれた時以外は引き受けなくなった。
並行してノボルと会う回数も減っていった。

夕勤の仕事は、品出し、レジ打ちなどが主だったが、由香は夕勤が終わった後も居残りし、夜勤の仕事である締めの実査や売変(売価変更)、そして通常は店長が行う発注の仕事や返本の仕事なども教えてもらうようになり、数ヶ月後には店舗での仕事はすべて1人で出来るまでになった。

しかし、お兄ちゃんの仕事やその忙しさは理解出来たとしても、彼の心中まで察することなど、無理なことだった。



〜2つ目のバイト〜

私が生まれて初めて選んだバイトはバンケットコンパニオンだったことは以前延々とお話した通りだが、2つ目のバイトがコンビニだった。
これまで何度かコンビニでバイトをしていたという話を書いたと思うけど、私がコンビニでバイトをするようになった理由は、今回書いたように克己から誘われて仕方なくだった。
しかし、そのうちコンビニは私の第2の舞台となっていく。

コンビニのバイトはパーコンとは全く畑違いの仕事だったので、戸惑うことが多かった。
同じ接客業でも種類が全然違う。もちろん客層も仕事内容も全く違う。
けど、一番違ったのは時給だ。パーコンは時給にすると2,500円から3,000円ほどだったのに比べ、コンビニの時給は500円もなかった。480円か490円かそんな金額だったから、夕方から夜まで入ってもパーコンの1時間分にしかならなかった。この前そんな安い賃金で大丈夫だったのだろうかと思って調べてみたらあの当時の京都の最低賃金ギリギリだった(笑)
でも例え5分の1の時給だったとしても私にはコンビニの仕事は楽しかった。平日は学校があるから夕方から夜10時くらいまでくらいしか入れなかったけど、土日は朝から晩まで、そのうち隠れて夜勤もやるようになった。何故隠れてかというとあの頃はまだ女性は夜勤が出来なかったからだ。あぁ、時代だわ…

当時、まだPOSシステムやバーコードシステムなんてなかったので、ラベラーで貼られた値段シールを見て手打ちをするのだが、シールがよくはがれていたので店にある商品の値段はだいたい覚えてしまった。おまけにそのレジがしょちゅう壊れるので警備会社を呼んで代わりのレジを持ってきてもらうのだがその間は電卓で計算してレジ後ろに小銭を並べてお釣りを渡すという原始的なことをやっていた。
しばらくした頃、関西地区ではローソンが初めてPOSシステムを導入した。ローソンは画期的なシステムを入れ、最新商品を多く入れ、うちの弱小コンビニとは大違いだった。そのうち私は「偵察に行ってくる」と言って徒歩3分のところにあったローソンをしょっちゅうのぞきに行き、そのついでに新商品のお菓子や弁当を買ってきて店長に怒られていた(笑)
今じゃ関西でもローソンもセブンに売り上げ店舗数とも追い抜かれてしまったけど…


ちなみに私がバイトしていた弱小コンビニは「安心できるニコマート」だった。写真のスーパーバッグはコンビニのバイトを辞める前に記念にサイズ別で100枚ずつもらってきたものを大事においていたものだ。
関東ではそこそこ有名だったみたいだけど、関西ではあまり馴染みがなく知らない人が多かった。
そして馴染まれる前に倒産した。

コンビニの話はここから最終近くまで引っ張ることになるので、そこで起こったいろんな出来事をまたお話していきますね。


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.10.30 Monday |
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.12.12 Tuesday |
<< NEW | TOP | OLD>>