雨の街角

| PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.12.12 Tuesday |
今日は…

今日はお義母さんの一周忌だった。
命日がちょうど日曜日だったので、今日みんなでお墓に集まってお坊さんに来てもらった。みんなって言っても私と旦那、義妹とお義父さんだけだけど。
「もう1年も経ったんやな」
とみんなでしみじみ話した。

お義母さんはしばらく入院していたし、もう治る見込みのない病気にかかっていたので、元気になることはないと分かっていたけど、亡くなった時はショックだった。
突然で声も出なかった。

去年の8月27日は土曜日だった。私は仕事だったけど、旦那は休みだったので、病院から電話があったとき、すぐに駆けつけた。そのときはまだ意識があったけど、一端落ち着いたと言われて家に帰ったら、やっぱり亡くなったと連絡が入ったらしく、最期は誰も間に合わなかった。
私も仕事の途中で抜けさせてもらって病院に駆けつけた。
旦那と義妹はどうしよう、どうしよう…という感じだったので私が式場やお通夜、葬儀の手配をした。
あのときは気が張っていたから頑張ったけど、ちょうど私は体調の悪い時で、手配をすべて終えて会社に帰ってきた途端、崩れ落ちるように倒れ込んだのを覚えてる。
病院からもらっていた薬を飲んで何とか仕事を終えて家に戻った。

今日も暑かったけど、あの日も暑い日だった。

お義父さんはもうかなり痴呆が来ていて、ほとんど何も分からない。
けど、一周忌が終わった後、みんなでご飯を食べに行ったら刺身定食をぺろりとすべて平らげた。
私と旦那と義妹がいろんな話をしていても全く聞く耳も持たず、ご飯を食べ終わったらどこか遠くの方を見ていて「ところで、さっき誰の墓参りに行ったんや?」と自分の奥さんが亡くなったことも時々忘れてしまう。
旦那が「俺、誰か分かるか?」と聞くと「う〜ん、分からん」と言うのに、「私は分かる?」と私が聞くと「○○さんとこの娘さんや」と私の旧姓を言うところは喜んでいいのか、悲しむべきところなのか(笑)

お義父さんはもうすぐ90歳。でもお義母さんの分も長生きして欲しいと思う。


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.08.28 Monday |
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.12.12 Tuesday |
<< NEW | TOP | OLD>>