雨の街角

| PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
水滴と涙

昔、なおみちゃんという友達がいた。

なおみちゃんは私よりも2つか3つほど年下で本当に可愛い女の子だった。高校の頃はコンビニでバイトをし、高校卒業後は喫茶店でバイトをしていた。私が彼女と知り合ったのは彼女が喫茶店でバイトを始めた頃だった。
私は彼女がバイトするその喫茶店に時々車を走らせた。
坂の上にある洒落た喫茶店だったが、場所があまりよくなかったのか客はいつも少なかったので、店に行くとなおみちゃんはよく私が座るカウンター席の横に座って話を始めた。

癖なのか、彼女はコップに水滴がつくとすぐにそれをおしぼりで拭き取った。夏の暑い日、アイスコーヒーを注文すると数分もしないうちにコップに水滴がじわりじわりと現れる。現れたかと思うかどうかの間なしに彼女は水滴を拭き取る。いつもそうだった。
何度かそうやって水滴を拭き取ったと思うと「あのね…」と言ってなおみちゃんは口を開き始めるのだった。

当時、なおみちゃんには彼氏がいた。彼女より5つくらい年上の会社員で高校生の頃からつきあっていると言っていた。
出会ってからつきあうようになるまでの話、遊びに行った話、楽しかったこと、嬉しかったこと…それらを目をキラキラさせながら私に話してくれた。
なおみちゃんが彼氏の話をするときはいつも、駐車場に停めてある私の車を見ながら話すのだった。
何故なら、なおみちゃんの彼氏は私が当時乗っていたのと同じ白いレビンに乗っていた。

けど、ある日「彼氏が最近あまり会ってくれなくなったの」となおみちゃんは嘆いた。
あんなにいろんなところに行ったのに、あんなにいろんな話をしたのに、あんなに電話をしてくれたのに、いつからか電話をしても素っ気なくなり、あまり誘ってくれなくなり、会うことも少なくなったと私の隣に座ってため息をつくのだった。
私も同じような経験があったから、なおみちゃんの気持ちは痛いほど伝わってきた。でも私は何も助言出来なかった。
なおみちゃんの彼氏には一度か二度会ったくらいで、そんなに話をしたこともないのでいい加減なことは言わない方がいいだろうと思っていた。
それからしばらく私は仕事が忙しくてなおみちゃんのところに行けなかった。
次になおみちゃんところに行ったのは一月以上後のことだった。

私がいつものようにアイスコーヒーを注文すると彼女は「どうぞ」と言って私の前にアイスコーヒーをそっと差し出していつものように私の隣に座った。
一口飲んでコップを置くとすぐさま水滴が現れた。でもその日、なおみちゃんはいつまで経っても水滴を拭き取らないのだった。二口飲んでも三口飲んでも、なおみちゃんは私の車を見つめたままで、水滴のついたコップを手に取ろうとはしなかった。
しばらく経ったところで彼女は「小雨ちゃん…良かった、来てくれて。ここのバイト、今日までなの。最後の日に来てくれて嬉しいよ」と言った。
「辞めるの?」と私が聞くと「もうね、何もする気力がなくなっちゃったの。彼と別れて」と答えた。
なおみちゃんの彼は他に好きな人が出来たのだという。だからなおみちゃんと会おうとしなくなったし、電話もしてくれなくなったのだと。
私は黙ってその話を聞いていた。

「いつもありがとうね、いっぱいいっぱい聞いてくれて。小雨ちゃんはいろんなこと言わないでずっと聞いてくれるから私、話しやすかったんだ。でもね、今日は小雨ちゃんの車を見るのだけはちょっと辛いかな」
なおみちゃんはそう言って微笑んだ。彼女の微笑みがとても痛かった。
彼女が話しているあいだ、コップについた滴は流れては机の上を濡らしていた。その滴はきっとなおみちゃんの涙だ、私はそう思いながらコップを見つめていた。

もう30年近くも経つのに私はコップについた滴を見るたびになおみちゃんのことを思い出す。


追伸:なおみちゃんはどういう友達なのか…というのは随分後になりますが、ニタモノドウシの中に出てきます(笑)


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.08.08 Tuesday |
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.12.12 Tuesday |
<< NEW | TOP | OLD>>