雨の街角

| PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
人生初のバイトは… 2
IMGP4710.JPG
コンパニオンのバイトは前述したように良いことばかりとはいかなかった。

一番困ったのは、お酒を呑まなければいけないこと。
私は酒が一滴も呑めない。下戸ってやつだ。パーティの時は勧められても呑んではいけないのだが、宴会の仕事の時は呑まなければいけない。いや、いけなくはないが勧められて呑まないと「客の酒が呑めないのか」と気分を害される。特に自分がチーフの時は「呑めません」なんて絶対に言えない。次から使ってもらえなくなる。
無理に呑んで気分が悪くなり、電柱にもたれかかっていたところを祇園の交番に保護されたということが2度ほどあった。
「お仕事とは言え、大変ですね。お酒、弱いんですか?」警官が聞いてきた。未成年のバイトとは見破られなかったということだろう(笑)
でもそのうちこれまたお客さんに「呑まなくても呑んだふりをする上手い方法」を教えてもらい、何とかごまかす術を得た。これも社会に出てから役に立った。

お酒が嫌いなのだから、作り方も全く分からなかった。
ワンフィンガーとツーフィンが−、ロックとストレートの違いも分からなかったし、もちろんハイボールも知らなかった。「ヘネシー、ツーフィンガーで」なんて言われてもちんぷんかんぷん。
その後、勉強して意味は分かったが、ワンフィンガーとツーフィンガーを目分量で量ることが出来ず、始めは本当に指1本や2本で量っていた。
ただ、匂いを嗅ぐだけで吐き気がしてくるほどの酒嫌いだったので、作り方が分かったとしても毎回馴れなくて困った。

逆に結構早々に馴れたのがハイヒールだった。
パーティでの接待はドレスや整列したときの印象を良くするため、全員の身長を175センチに合わせていた。私は163センチだったので10センチちょっとのヒールを履いていたが、すぐにロングドレスを着て楚々と歩けるようになった。
今でも15センチくらいのヒールを見るととても懐かしく思う。特に黒いの(笑)
パーティは2時間だが、準備のためパーティ開始1時間前にはホテルに到着しなければいけなかった。ホテルに到着すると表玄関からは入らず従業員さんが出入りする裏口から入りクロークへ。ところが中には裏口からの通路が迷路のようなホテルがあり、厨房を通らないとクロークに移動出来ないところもあり、ホテル内を彷徨うような時もあった。クロークに行って事務所の名前とパーティ名を語ると控え室を教えてもらえる。控え室のないホテルだと客室を与えられる。そこで多い時は数十人のコンパニオンが着替えたりヘアメイクをしたりするので、なかなかの戦争状態になる。
アップヘアは専属のヘアメイクさんがしてくれるが、メイクは自分で持って来た道具でやる。ただパーティで映えるようにしなければいけない(いわゆるお商売メイク)ため、濃すぎたり薄すぎたりするとメイクさんにやり直しされる。(そのメイクを普段やると引かれる)私は高校の時はびっしりメイクをしていたが、大学に入ると一切しなくなったので、メイクをするのはバイトの時だけだったが。

いろんな人たちが集うパーティがあったが、身分の高い人ほど私たちに対する扱いが粗末だった。お触りバーじゃありませんよ、というような客もいたし、こういう仕事をしているものを馬鹿にしているのか、おまえらには分からないだろうがと前置きをして政治経済や時事問題などをぶつけてくる人がいた。そんな時のために私は新聞は一面からほぼ目を通していた。が…ちゃんと答えれば不機嫌になり「女はそんなこと知らなくていい。早く結婚して子供産んで家で飯でも作ってろ」と。男尊女卑も甚だしい人が多かった。
中には仕事が終わった後、アフターでつきあえという客もいて私たちは逃げるように裏口から帰るのだった。しかし、裏口で待ち構えている悪質な客もいた。彼が迎えに来てくれている時はそんな恐怖からも逃れられたのだが。

酒の入る場所では人間の本質とか本性みたいなものが垣間見えることが多く、大変な思いや嫌な思いをすることもあったけど、私はあの仕事が嫌いじゃなかった。マナーも身についたし、いろんな勉強をさせてもらった。
この前辞めた後輩くんはうちの会社に来る前、お水の世界にいたことがあって、私があの仕事をしていたことも知っていたので、二人でよく当時の話をした。
「水商売ってどんな営業よりも人間を読まなきゃいけない究極の客商売ですよね。あの仕事をしていて磨かれた接待術って何ものにも代えがたいというか」
うん、間違いない、本当にそう思う。

学校を卒業したとき、あのバイトは辞めたが、今ではパーティに客として出ることもあるので、コンパニオンの人と接するととても懐かしい。私がいた企画会社はもうなくなってしまったが、あの頃張り合っていたライバルの会社はまだあって、当時と同じ制服を着ている。話を聞いてみるとバイト料金やコンパニオン派遣金額はあの頃とほとんど変わっていないようだ。
うちの父など、未だに「来月コンパニオン50人いるんやけど、どこに声掛けたら確実や?」と私に聞いてくる。「そら、○○企画やろ」とそのライバル会社の名前を語らなければならないことがちょっと悔しい(笑)

脈略のないだらだと長い話になっちゃってごめんなさいね。お盆休みの暇つぶしってことで!
読んで下さってありがとう。


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2017.08.13 Sunday |
<< NEW | TOP | OLD>>