雨の街角

| ニタモノドウシ | PROFILE | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |
第一章 嫌悪 〜ムカつく男〜

約束の土曜日がやってきた。初めてのサークルはボウリングだった。
ゲームの前に通っている学校や学部などそれぞれ自己紹介をし、その後勝負が始まった。チーム対抗で、最下位チームが1位チームのゲーム代金と、あとで行く喫茶店代を払うということだった。
由香は真剣に投げていたが、他の人はしょせんお遊びとばかりに、ふざけてばかりいた。特に女の子はガーターをとることが宿命のように、溝掃除をしては「やだぁ」と甘えた声を出しては「大丈夫、大丈夫」と男性たちに慰められていた。
ムッとした顔の由香を、のんちゃんが隣のレーンで見て、苦笑いしていた。
しかし、甘えた声で身体をくねらす女の子たちよりムカついたのが、隣のレーンで投げている男だった。
「遊びなんだからさ〜そんなに必死になるなよぉ」
と言ってふざけながら、自分は散々ストライクを出し、由香のいるチームと最後まで1位を争っていた。

結局、ゲームは由香のチームが2位、そのムカつく男がいるチームが1位で終了した。
「さぁ、人のおごりで旨い茶を飲もう〜」
と言いながら、靴を履き替えるその男を、由香は睨むように見ていた。
「ねぇ、ねぇ、由香ちゃんも彼のこと気に入ったの?」
同じチームだった恵ちゃんが、男を指さし、由香の耳元で言った。
「まさか、私がもっとも嫌いとするタイプなの。あんなふざけることしか知らないようなお調子者の男」
と反論したけど、恵ちゃんは由香の話など、耳に入らなかったかのように言った。
「でもね、このサークルの女の子は、ほとんど彼目当てみたい。特に、ほら、あの子、もうべったりでしょ?」
彼女があの子と指さした女は、その男に
「新井さん、惚れちゃったわ〜」
と言いながら、腕にぶら下がるようにじゃれついていた。
あんな女まだいたんだ…と思いながら、由香が見ているところに、のんちゃんがやってきた。
「何見てるの?あ、新井さんにぶら下がってる女ね。彼女、私と同じ大学で国文の子。でもねぇ、話合わないんだ、私とは。多分、由香ともね」
のんちゃんは、そう言って苦笑しながら続けた。
「彼女の家、画廊やっていて、お金持ちらしいよ。ほら、鈴木画廊ってあるじゃない?そこのお嬢様。あの子は気にしなくていいよ」
その画廊なら知っていた。由香が通っていた高校のすぐそばにある画廊だ。
「まだあんな女いるんだなと思って呆れて見てただけだから」
由香ものんちゃん同様、苦笑しながら答えた。
「それじゃ、正式にサークルに入る?入っていいってことよね?」
「え、いや、そういうことじゃなくて…」
と、由香がまごついているあいだに、のんちゃんは一人の男の人に駆け寄った。
「伊藤さん、由香ね、サークルに正式に入るって」
伊藤さんと呼ばれた男性は由香に向かって「よろしくね」と手を振っていた。
由香の方も、今更嫌だとも言えず、会釈した。

しかし、あの嫌な男、新井さんとその腕にぶら下がる女、鈴木さんは、そんなやりとりに見向きもせず、ずっといちゃいちゃしていた。



〜ボウリング〜

私が真剣にボウリングを始めたのは高校生の時だった。
小学生か中学生の頃、親に連れられて数回行ったことはあったが、その頃は単にボールを投げるだけで精一杯で、スコアはせいぜい50とか60とかその程度だったように思う。

以前悲しきスクールガールでも書いたように、時折高校を抜け出していた私は、暇つぶしにボウリング場に行くことがあった。そこで誰に教わる訳でもなく黙々と投げていた。すると近くのレーンで練習していたおじいさんたちが「お嬢さん、あそこにピンが残った時はあの辺りを狙うんだよ」とか「1投目は1番ピンと3番ピンの間を通すんだよ、そこをポケットっていうんだ」とか「ピンが並んでいるところを見ずにレーン上の右から2番目のスパットだけを見てその辺りを通すように投げてみて。そこにちゃんと投げられるようになったらだんだんピンの方を向かって投げるようにするんだよ。これ裏技だけどね」とかいろいろ解説してくれた。
そうやって教えてもらって上手くなるとおもしろくなり、毎日のように通い詰めた頃もあった。

当時私が使っていたボールは13ポンド。今だったら無理だ、そんなに重い球。今はせいぜい10か11ポンド。
あの頃は今よりも20キロ近く体重が少なかったのに、私はかなり力持ちだった(笑)

アベレージはといえば、160くらいだったので、友達と行って負けることはなかった。
そんなだったからあのときチーム戦とはいえ、負けたことは相当に悔しかったし腹も立った。
甘えた声でガーターばかり出してる女性陣にもムカついたけど。
その後何度かサークルでボウリングがあったけど、以来負けることはなかった。必死で投げている私を裏では笑ってる人もいたのだろうけど。
でもさすがにマイボールマイシューズを持ってるとかリスタイをするほどではなかったですよ(笑)

私が入ったそのサークルは全部で20人弱くらいだったと思う。
のんちゃんが電話で説明してくれたように男性はみんなのんちゃんと同じ大学の一つ先輩、2回生ばかりで、女性は鈴木さんやのんちゃんのように男性だちと同じ大学の人もいたが、他の女性は別の大学や短大から参加している人が多かった。
そしてその鈴木さんだが、私とは最後まで仲良くなることはなかった(笑)他の女の子とはサークルで会えば話をしたり時にはサークル外で遊んだこともあったのだけど。
鈴木さんはお互い初めての印象が悪かったこと、その後いろいろあったということもあるけど、どうしても仲良くはなれない部類の人だった。


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへにほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



| 2017.04.15 Saturday | ニタモノドウシ | comments(4) | - |
Comment








わたくしは、大学に行かず専門学校に行ったので、サークルってどんなものなのか、良く知りません。
専門学校の歓迎会でボウリングがあったのですが、練習投球で先陣を切ったわたしは、レーンの半分近くまで思いっきり滑って、大うけしたことが忘れられません。
ボウリングってとりあえず、話すきっかけができるということで、社会人になってもちょこちょこと開催している部署もあるようです。

マイボールは持ってませんが、靴は持ってます。
理由は、レンタルシューズの価格が意外に高く感じ、15回くらいで元がとれることに気づいたからです。
たまに、職場の部下後輩と行って、スコアの表示見ながら「昔は手書きだったよな〜」とつぶやくと、「エッ!」と20〜30代の人たちの反応が…
話しすると、スコアのつけ方知らない人もいますね〜。
つくずく、歳食ったな〜と実感(笑)。

ムカつく男、聞いてるだけで嫌悪感バリバリですが、男同士だけだと意外にいいヤツだったりするかも!?
高校のとき、隣のクラスで好きにれない奴がいて、クラス替えで一緒になり、話すとメチャクチャ気が合っていい友達になったりと、分からないものです。



posted by SONIC800 | 2017/04/16 10:06 AM |
同年代で身近にべったりしたくなる男性がいるなんて、少々うら
やましい環境?だな。今でこそ同年代というと結構な大人なので、
大丈夫ですが10代や20代前半位だと言う事が幼く中身のあること
言わない印象で男の人として意識できませんでした。
ぶら下がりたくなるのは鈴木さんの性質かもしれないですが、ぶら
下がり対象がいるのは楽しい環境だったのだろうな(笑)

ボーリング下手なんです。対抗だと足を引っ張るほうですね。
時々溝掃除もしました〜(笑)
posted by mellow-mix | 2017/04/17 7:54 AM |
>SONICさん

サークルって何って言われたら何でしょうかね?
ちょっと緩めの他校も交えたクラブ活動の延長とでもいいますか。
私はまったくいい印象を持っていなかった訳ですが(笑)
ボウリングはいろんなところでも使われますよね。
うちの会社も年に一度の親睦会はボウリングです。
家族も参加OKなのでものすごい数になっていますが。

マイシューズ持ちなんですね。すごい。
うちの父親はマイボールもマイシューズも持っていますが全くボウリングが出来ません。
完全に形からだけ入る人なんです(笑)

そうそう、手書きのスコア、今じゃ考えられないんですかね。
でも自分で書いたことがなければ点数のつけかたとか分からないんでしょうね。
ストライクとスペアの時の点数の数え方とか。
ガーターと0ピンの違いとかも分からないでしょうね。

ムカつく男ね。
自己紹介のところまでくらいは良かったんですよ。
その後ですね、完全に「あぁこいつは駄目だ」と思ったのは(笑)
でも私もSONICさんと同じで第一印象悪い奴ほど、後で仲良くなるパターンなんです。
見た目の印象が悪いほど後で良くなり、逆のパターンもありです。
posted by 小雨 | 2017/04/17 9:26 PM |
>mellow-mixちゃん

そっか…そういう考え方もあるか。
私は元々がべったりというのが出来なかったので、年上の人でもそれが出来ません。
甘えるとか弱い部分を見せるとかそういうことが相手が誰であれ出来なかったのでちっとも可愛い子ではなかったでしょうね。
昔から年上の人、それもかなり年上の人と絡むことが多かったのでそういう人との話の方がしやすかったというのもありましたね。

鈴木さんは見る人が見れば可愛い人に見えたのでしょうね。
私からしたら「馬鹿じゃないの?」ってことでしたが、それが出来ない僻みもあったのかも??
posted by 小雨 | 2017/04/17 9:29 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>