雨の街角

| PROFILE | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | ニタモノドウシ |
ある日の夕食
1.jpg
この写真は数年前の今日の夕食です。
何で数年前の夕食の写真?と思われるでしょうね。そりゃそうだ(笑)

2.jpg
そしてこれらはそれから数日間の夕食。
何の食事か分かりましたか?

実は数年前の11月14日午後、私は手術をしました。
それから10日間ほど入院していたのですが、その入院生活を食事とともに全部写真として記録しました。
手術室に入る数分前まで撮って、麻酔から覚めて数時間後もう撮って(笑)

3.jpg
これは朝食。

4.jpg
こちらは病院を退院する日の昼食。つまり最後の昼食でした。
変な話ですが、私はこの病院の食事が大好きでした。見た目も美味しそうでしょ?食べたら本当に美味しいんですよ。
病院食って美味しくないイメージがあったのですが、この病院は全くそんなことはなかったです。私は退院する時、いつも食事を持ってきてくれていた人にあてて「美味しい食事をありがとうございました。美味しすぎて病院に長居してしまいました」と置き手紙をしたほどでした。

消化器系の手術ではなかったので手術翌日の夜から普通食でした。口からご飯を食べられることの喜びを改めて知りました。
それから病院生活は、初の一人暮らしでした。一人暮らしなんて呼べないかもしれないけど、朝から夜まで一人で過ごすということは私にはなかったので、あれを初の一人暮らしと呼んでいます。
朝、看護師さんが来て、検温と採血。医者の回診がありそれ以外は自由時間。携帯にメールが入ったり電話をもらったり、同僚がたまに来てくれたり、旦那が来てくれたり。母は毎日来てくれました。感謝感謝です。

手術が決まった時は勿論のこと、この世の終わりのように思い泣き暮らしました。でもしなければ仕方ないのないものと腹をくくったら今度は準備に余念がありませんでした。病院に持ち込める小さなパソコンを買い、DVDを何十枚と買い、そしてカメラを2台、小説を10冊、着替えの服を1着(どこでも行けるように)。だから私のカバンはパンパンでした。帰る時には本が増えていたし、毎日毎日写真を撮っていたので写真も増えました。

手術をして痛かったし辛かったし大変だったけど、私は楽しい思い出だけを残すことにしました。見舞いに来てくれた母や旦那、同僚の笑顔とか気遣ってくれた気持ち、美味しかったご飯、良くして下さった看護師さんや先生、窓から見えた夜景や応援してくれているかのような夕焼けの赤色、時々外出したときの開放感…
世の中には嫌なこと、辛いこと、悲しいこと、痛いこと、そんなことが溢れているけど、そんな中にもどこか素敵なものはあるんだぞと自分に言い聞かせながらそういうものを探して過ごした数週間でした。



ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ



| 2012.11.15 Thursday | その他諸々 | comments(16) | - |
Comment








おはようございます。
美味しそうな和食の数々ですね。
しかし、病院の食事をショットしたのは、小雨さんぐらいかも(^^;)
でも、確かに病院の食事らしくなく、美味しそうです。
私の場合は、消化器だったので、1月以上絶食でした。
なので、治ったらあれ食べたい、これ食べたいといつも思っていました。
しかし、小雨さんらしいですね。
病院用のパソコン、dvd、カメラなどなど。そういえば、私もパソコンでネットしてましたっけ。

posted by tazu | 2012/11/15 6:41 AM |
小雨ちゃん、こんにちは。
とても病院食とは思えない!見た目(器とか)も全然普通なんだね。
ワタシ、入院経験1度もないのである意味カルチャーショック!(笑)
もっと無機質でトレーに乗った給食のような感じだと思ってたよ(^^;

もし自分も入院・・・てな事になったら小雨ちゃんと同じように
カメラは持ってっちゃうと思うわ。
小雨ちゃんが今、元気でよかったな♪
posted by army | 2012/11/15 11:15 AM |
まさかの病院食に、驚愕っ(笑)!!
小雨さんが置き手紙をした気持ち、解るよ・・・見た眼の美しさはもちろん、これで美味しいのなら、味気ない病院生活ではかなりの希望になるよね^^
あたしがよく入院した今は無き病院も、食事の美味しさでは有名だったの。
だから本当に、日々楽しみだったんだよ♪

そうだよね、病気になっても何か温かいものって、その過ごした時間の中で見出すことはできるものね^^
小雨さんの話を読んで、勇気づけられたアンジーです☆
風邪なのかと思っていたら、昨日からめまいと難聴で今日は病院。
今後どうなるか・・・ってとこ(>_<)
posted by アンジー | 2012/11/15 8:05 PM |
小雨ちゃん、おはようございます。
なるほど、病院食ですね。
これはほんと、美味しそうですね。

私は食べ物を拒絶してたので重湯と具も無ければ味も無いスープばっかりでした。
吐いてもいいから無理やりにでも食べなさいって言われて辛かったな・・・。
食事って楽しく食べたいですよね。
入院生活はつらいですし、過去を思いだすと悲しいですよね。
私もこんな食事を摂れるようだったら良かったなぁと思います。
お見舞いに来てくれて励ましてくれた人には感謝ですね。
そういや、私もPC持ち込んでました^^;
posted by 弥生 | 2012/11/16 5:43 AM |
わぁ〜、ホントに・・・美味しそうです!!
お店のご飯にしか見えない。すごいね〜。病院食にはとても見えないです。
(特に食器。ご飯とお味噌汁のお椀が病院らしくなくて、いいね。)
私は、定番?の病院食だったよ。^^
ご飯は温かくて美味しかったけど、どんぶり?で多いから 食べきれなかった。
術後は、重湯で徐々にお粥から普通のご飯になりました。

入院してると、食事の時間が楽しみになったりするから
美味しそう食事は、嬉しいし いいよね。
入院生活の記録、ちゃんと食事の写真を、撮ってたんだ。すごいなぁ。
その時の自分の気持ちや風景も一緒に刻まれているから
小雨ちゃんにとって 大切な思い出の写真ですね。。
小雨ちゃんが元気になって 本当によかったです。
posted by ゆーみん | 2012/11/16 10:04 PM |
「この世の終わり」その気持ち私も分かります。
3年前の足の怪我で手術が決まった時、そして当日と・・・。
でも、終わった後の方がトイレなど自由に行けないのが何より辛かったです。

そう、今の病院食はおいしいですよね〜。
同じトレイ(お盆)なのに温かい物と冷たい物がきちんと「温かく」「冷たい」とすごく技術が進んでます。
これは凄い!と感心しました。

食事の写真はわたしも撮りましたよ〜。
向かい側のベッドのおじさんに「なんしようと〜?」と不思議がられていました(笑)。

不自由になって初めて分かる、健康の大事さ。
それより、普通であることの大切さ・・・。
家族、職場の仲間、そして周りの方々に感謝です!!
posted by sonic813 | 2012/11/17 5:29 PM |
こんばんは
病院の食事ですか
写真を見るととても病院の食事には見えませんね
第一食器もちゃんとしているし
どこの病院ですか?
あたしも今度はここに入院したいです(瀑)
あたしも入院をしたことがありますが、
ともかく病院の食事はまずかったです
退院して娑婆の食事がとてもおいしかったのを記憶してます^^
posted by yuta | 2012/11/18 3:24 AM |
おはようございます!
私も十年ほど前に、生まれて初めて手術&入院生活をしましたが、
小雨さんの同じく、消化器系の病気ではなかったので、
普通食を普通にいただき、
これまた、同じく美味しくて感動したのを
今思い出しました。
上げ膳据え膳の贅沢さと、まったくの自由の時間が、
子育てであくせく動きまくってた私には、
本当に癒しでした。
手術後の2日間くらいは苦しかったけど、
あとは、ゆっくりし放題、快適だったなぁ・・・
なんて、重病の方々には申し訳ない不謹慎発言、
お許しを!!!
posted by Harvest Moon | 2012/11/19 10:12 AM |
>tazuさん

こんにちは。
病院の食事写真、私以外にも撮ってる人、結構いたんですよ(笑)
まぁそれだけ余裕があったのですけどね。
重病の方には怒られるかもしれませんが。

私が入院する少し前、会社に来る業者のおっちゃんが退院してきて「病院ってのは暇なところですなぁ」と連呼していたので、私は退屈しのぎをたくさん持って行ったんですよ(笑)
posted by 小雨 | 2012/11/20 4:17 PM |
>armyちゃん

こんにちは。
器がすごいでしょ?
和食には和食用の、洋食には洋食用の器を使っていて、それも料理にあわせていろいろ考えてあるの。
病院で作ってるんじゃなくて、近くの料理屋さんに注文してるみたいよ。

カメラとパソコン、病院用に買ったもんね、私(笑)
小さめのじゃないと馬鹿でかいのは持って行けないし。
入院代よりも高くかかったわねぇ。
病院にいるときから元気で、退院して数日で仕事復帰したわよん〜
posted by 小雨 | 2012/11/20 4:20 PM |
>アンジーちゃん

驚愕でしょ?
私もあの夕食を見た時、そりゃ驚いたわよぉ。
「何これ!こんな素敵な食事食べていいの!!」ってね(笑)
食事ってさ、健康のバロメーターだもんね。
カロリーやいろんなものを計算して作ってあっても見た目美味しくなさそうだったら食べる気しないし。
とは言っても消化器系だとそんなことは言ってられないんだけど。
っていうか、管理栄養士の勉強をしていた私が言っちゃいけないんだけどね〜

風邪?疲れとか精神的なものからも来るよ、目眩。
私はよ〜くある。
その後いかがかな??
posted by 小雨 | 2012/11/20 4:23 PM |
>弥生ちゃん

こんにちは。
病院食とは思えないでしょう?
私も無機質な食事を想像していたからびっくりしました。
美味しそうだし、美味しいし(笑)

吐いてもいいから食べるってのは辛いですね。
確かに口に入れることによっていろんな良さは出てくるのですが、それでもどうしても入らない時もあるし。
私はポカリスエットなどの飲料が飲めないので、どんな状態でも無理に食べるしかないんですよね。

みんな最近はパソコン持ち込んでるんですよね。
私もパソコン持っていっていいかとか、携帯はいいのかとか聞きましたが、大丈夫でしたね。
posted by 小雨 | 2012/11/20 4:27 PM |
>ゆーみんちゃん

お店のご飯でしょ?
それもなかなかいい感じの洒落た店ってかんじの。
私も食器には驚きました。
ご飯が入ってる入れ物なんてちょっとした料理屋さんで出てきそうなものだったし、朝のパンについてる紅茶の入れ物がムーミンで心が和んだり。
毎日本当に楽しみでした。

重湯から普通のご飯になっていくのは楽しみなんでしょうね。
あ、でも病院だったら楽しみでもないのかなぁ。

私は夜になるとパソコン出してきてDVD見たり音楽を聴いたりしていつも夜更かししてました(笑)
見回りの看護師さんが来て、怒られるようなこともなかったし。

入院生活は大変でしたが、それでも得られるものがいろいろあったので、そこは良かったのかもしれません。

ゆーみんちゃんは元気になられましたか?
posted by 小雨 | 2012/11/20 5:37 PM |
>sonicさん

sonicさんも入院されていたから、この世の終わりの気持ち、分かりますよね。
私も目の前真っ暗になりました。
午前中病院に行ったのですが、午後ショックで会社に出られませんでしたから。

sonicさんの入院されていた病院も美味しいお食事でしたか?
私は自分が入院する少し前に母が入院していて、その食事を見ていただけに、病院食って冷たくてまずいものだと思ってました。
どこも美味しいってことはないのでしょうね。
あと、病気にもよりますしね。

不自由になって分かる健康。本当ですね。
そのくせ健康になったらまた忘れちゃうんですよね…
posted by 小雨 | 2012/11/20 9:38 PM |
>yutaさん

こんばんは。
写真だけでは病院食には見えないでしょう?
私が入院した病院は男性は入れないんですよ(笑)
ウィメンズなんです。
いつも行く病院で病気が見つかって、その病院は入院設備がなかったため他の病院を紹介してもらったのですが、紹介してもらった病院が本当にいい病院だったのです。
食事も良かったけど、看護師さんや先生もとてもいい方ばかりだったんですよ。
posted by 小雨 | 2012/11/20 9:40 PM |
>ayaさん

こんばんは。
ayaさんも入院生活を送られたのですね。
最近は美味しい食事のところが多いんですか。
私は全然想像していなくて、驚きでした。
手術も入院も初めてのことでかなり落ち込んでいましたが、あの食事に助けられました。

自由の時間というのはよく分かります。
うちは子供がいませんが、それでも働き出してそれほど経たないうちに結婚したので、自由の時間は少なかったし、独り暮らしもしたことがなかったので。
確かに重病の方には本当に申し訳ないんですけどね…
posted by 小雨 | 2012/11/20 9:49 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>